2016年06月22日

何で今年こんなに暑いんでしょうね

という皆様へなんとなくでも涼しい画像を。。。



最近カメラマンさん含め、こちらが何も気にしないようでいて館内客室結構変わっていると。
で、大小リノベ、アイテムチェンジなど諸々考えてみると2年同一のデザインでもった箇所は
全館何処を切り取っても無いことに気がつきました。
自分としては今結構気に入って来てますし、年季も重要なのでこの辺で少し落ち着こうと思ってます。
と言って、、、ベッドの部屋一つ欲しいですね、自分お客様ではないので寝ませんが。
  

Posted by 友家ホテル at 14:49

2016年06月05日

ちなみにマージャンです


変なチーしてるなー、、、なんて思われるかもしれませんが025-と↑続けて頂くと
当館の電話番号となります。

ある日常連のお客様とのお話がマージャンに及んだことから、うっかり全自動麻雀卓(美品・点棒計算ナシ)を
先日といっても先月頂戴しちゃいました。
実は自分、あまり他人に自慢することなど多くない人間ですが、こと麻雀に関しましては
慢心自尊に満ちておりまして、日本最大の麻雀サイトでも言えないくらい上位に在してます。
基本的にヒマだろうが満室だろうがお盆だろうが正月だろうが、、、毎晩対局しておりまして
物事の考え方から哲学に及ぶまで、結構麻雀的理論でやっております。

ですので日々の中でも『うわ~ココで鳴かねーよな~フツー』と思いながら部下を眺めたり、
『今日はメンゼン狙わなくてもいいから字牌1鳴きで』とか『ヤミでも満貫』など人知れず思っているんですよ。
はっきり言って麻雀知らない人からすると何言っているのかサッパリわからないと思います。
一つ申しておきますと賭けではなく競技麻雀ですからね。

自分の役を作っていくことも好きですが、人が何目指しているかと考えることも好きでして、
その辺は何を求められているかと思い巡らせる、マーケティング、サービスと少し似てますね。

お譲り頂いたお客様にも了承得ておりまして、お客様への貸し出しももちろん致します。
自分は代走本走は致しませんので3名さま以上で御予約御待ちしております。
(貸し出し要予約・平日でしたらお部屋へのお支度も可能、週末は娯楽室など)
雀豪の皆様のお越しをお待ちしております。

  

Posted by 友家ホテル at 16:12

2016年05月25日

この1年も皆様のご愛顧を賜りまして


トリップアドバイザー エクセレンス認証2016


栄えある賞を頂戴いたしました。
昨年に引き続きとなりますが2年連続となりますと、嬉しさとともに
なぜこの時期なのかという疑念もわいてきます。

とは言えハンパじゃないクオリティーの施設様と同等の賞を頂戴するわけですから、
自分も一年トシ食ったせいか身の引き締まる想いです。
去年は恥ずかしながらこの賞の存在自体知らなく、結構ドン引きされたことを思い出しました。
今年もおそらく順位があったとしたらビリの受賞かもしれないですけど、ある意味
ハンパじゃないクオリティーの施設様には無いものだらけの当館にて、
従業員一同、隣の佐梨川一川、皆様のご予約とお越しをお待ちいたしております。
誠に有難うございました。

  

Posted by 友家ホテル at 15:03

2016年05月21日

今年はあたたかいので早くも解禁

五月も中ごろを過ぎましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年は春が早く、山菜の季節も若干ラストスパート気味入ってます。
山菜と聞くとちょっとワイルド過ぎて毛嫌いな方も、山菜デビューという方も、
当館で魚沼の雪深い山間の山菜を召されて、気持ち変わったわ、という方かなりおられますね。
なにぶん惜しむらくは手前どもは売り物にてあまり食せないことですね。



当館オリジナルブレンドのミント緑茶です。
館内で試飲いただけるほか、売店やオンラインショップでご購入可能。
夏に結構売れます。

ホットも行けます。
  

Posted by 友家ホテル at 19:35

2016年05月08日

黄金デイズ たそがれ

GWも終わりですね。
今年は暖冬からの早い春を迎えて、新緑も山菜も結構前から始まってます。
自分が子供の頃は大人たちが残雪も少しある中、満開の桜の下でGWの慰労会をするというのが
当地の風習みたいなところがあったんですけれど、今年は4月中に桜も終わっているので相当早い年ですね。






暖冬でありますから雪も少なく残雪も少ないですが魚沼の夏の恒例イベント

うおぬま夏の雪まつり


毎年7月に行なわれる日本最大級の夏の雪イベント(今年は7月23,24日)。
よりにもよって私の人生ではおそらく最も雪が少ない年の本年より私メがオーガナイザー。
当地大湯公園ユピオ敷地内に残雪シートを被せて保存中なのですが、先日それが全くなくなった
夢を見ました。。。
保存量も例年の半分くらいです。

と言うこと気にしていても仕方がなく、エンブレム好きの自分としてはまず↑作成。
こういうの無いと気分のらないんですよね、字だけとかでは、自分が。

それにしても地元イベントのことなど諸々で地方紙や地元地域新聞などに自分の名前が
チラホラのるようになってきたんですけど、10年位前の自分からすると、いや10年前の自分
知っている人からすると、とんでもない世の中になってるなという展開なんでしょうかね。
ま、10年前、自分も10年後に地元にいることすら想像していませんでした。
10年なんて凄い前ですね。。。  

Posted by 友家ホテル at 08:59

2016年04月30日

ゴールデンウイーク

皆様大型連休をいかがお過ごしでしょうか。
お忙しい皆様と思いますので是非のんびりなさって下さい。

本日は初夏を前に涼しく冷たい感じのホットな話題を。。。








このところ少々失速感がありました当館ブランドの新商品。
冷酒純米大吟醸 TOMOYA HOTEL   
地元魚沼の酒蔵、玉川酒造様とコラボしての新商品です。

ここでしか味わえない、当たり前ですが当館以外での入手は不可能。
スッキリと味も端麗に飲みごろよく、当館の料理に合うよう打ち合わせ試行錯誤しまして
かなり長期間ベールに包んでまいりましたがやっと本日リリース解禁。
もっとも自分酒一切飲まないので相当タチの悪い取引となりました(厨房など社員は試飲済み)。
いつもエンブレムなどでデザインするラベルも、今回は書道手書きに挑戦してみました。
おそらくずっと言うつもりはないですし、聞かれもしないと思いますが、
ニューヨークのヒップホップ界きってのセレブプロデューサーが運営するお洋服ブランドの
ロゴを結構失敬しちゃいました。

お味はお越しくださいましてご確認くださいませ。
お待ちいたしております。

  

Posted by 友家ホテル at 13:53

2016年04月23日

奥只見丸山スキー場 5月1日まで

今年は例年に無い小雪と暖冬いや暖春の影響もあって、普段ですと
ゴールデンウイークいっぱいまで滑走可能でした奥只見丸山スキー場も
今年は5月1日まで。

いつもは本格的な冬になると雪が多すぎて閉鎖、春もまだまだ出来る状況で遊覧船シーズンへの
切り替えで営業終了。
そんな言うなれば一流アスリートの余力を残しての引退引き際のようなとこが
結構好きでした。
アノ奥只見がこの程度の残雪、と今シーズンはよく言われたものです。
来シーズンはまたたくさんの雪をまとって帰ってくると思います(まだやってます)。

と今週もB・I・Gな方のR・I・P。

このクラスの方がお亡くなりになると、この人も人間だったんだなぁ、
ってふと思いませんか。
今の80年代再考的な世の中でまさに言い方悪いですが旬なタイミング、
これしばらく色んなところでこの方の遺作がかかりそうな。。。


いつも思うんですけど亡くなられましたが、この方クラスとかになると
今の世の中なんて生きてて面白かったんでしょうかね。
心配してももう遅いですけど。。。
  

Posted by 友家ホテル at 16:57

2016年04月11日

人としてあらためて思うこと

ここ1年くらいずっと思い続けてきたことがあります。
何か自分の宿命のようなものを感じるお話です。

かつて自分の中では昭和3大スターとも言える
バラン、鯛の形のお弁当用しょうゆさし、そしてこれ

和風のプラ型照明シーリング。

これらは全て和風という決して和ではないギミックの精神が終結した時代遺産。
なかでもこの和風シーリング、どこの家行ってもありましたしそもそもこれじゃない照明なんて
なかなか見当たらないものでありました。
そんなコレも今やすっかりギャグの代名詞、そもそも名前すら知りませんしね。
見なくなりましたね。

よく照明凝っているね、と言われますが正直お金だせばある程度叶うお褒めの言葉。
ありがたく頂戴いたしますがスタイルや自分らしさみたいなものをもう少し考えたいよなぁ、
とごくたまに思っていました。
オシャレ逃げみたいなのは性に合わず、すぐ飽きますしなんだか薄いと感じるのですが
これほど設置に技量が試される素材も無いですよね。
コレ使い切って凝ってるね、そう言われたいものだと考えてます。
ただ真剣に考えれば考えるほど、勇気いりますね。

でもコレなんて海外の人気デザイナーとかがインスタとかで、自宅ではコレでーす
とかアップしたら世界中で流行りそうですけどね。
しかしコレ、蛍光灯という東アジア特有のソフト使いでしかも丸型という海外では
おそらく手に入らない感じの照明使ってるで多分そういうことも無いです。

あとコレのネックとしては下から見ると結構ショボイんですよね。
それでもまず、楽しんでみます。  

Posted by 友家ホテル at 17:22

2016年04月03日

春の雪どけと共に




春っていいですよね。
こう、春には悪いですがものすごくどうでもいい感じというか、損得感が無いところなんか最高ですね。
何でも許せるっていうかヘタすると何事も気にならない、なんて言うのは我々が雪国だからかもしれないです。
特に私共は決算も別の季節ですし、課の移動やクラス替えももちろん関係なく、ただ良い出会いを待つだけです。

↑の映画、比較的こんな季節にピッタリな作品ではないでしょうか(桜色とは程遠いですけど)
懐かしいですね、自分が高校の頃はやりました。
かつてはアンディー・ウォーホールなんかと同列のジャン=ミシェル・バスキアとバンドも組んでいた
由緒正しき不良、ビンセント・ギャロのウルトラスマッシュ出世作にして一発でセレブに化けた超ヒット作。
内容的にはただの傷つきやすい不良の物語です。
本人主演監督脚本、音楽も。
こういった人がやっているので音楽もいいですし、当時の時代的なアンダーグラウンドで
冷たく暗い殺伐した流れが出ていて◎。
90年代カルチャーを代表する作品の一つにしてこの後しばらく続く、薄幸的な、いや、無幸的なノリを
決定付けた金字塔、是非なぜか当館でご覧ください。
  

Posted by 友家ホテル at 16:28

2016年03月30日

冬ってありましたよね

普段の年ですとこの時期もうすぐ春なんて言っている辺りなんですが
今年はもうとっくに春ですね。
当館脇の佐梨川に釣りでチェックインされている方も、当館お客様含めまして
すでに結構多いです。

今年冬らしい冬もたいしてない感じもありましたが、この冬といえば、
ということでありましたら、モーリス・ホワイトさんRIPというのが個人的に
なぜだか未だに心に残ってます。
モーリスさんと言えばなんと言ってもアースウインド&ファイアー。
ちょっとしたジャズの大御所なんかより死ぬほど売った、そんな方ですけど、
今ひとつ、いや三つ四つくらい評価されない感のある人だったと思います。
何故なんでしょうね、あれだけ古いものに目がないヒップホップ勢からもあまり
サンプリングされず(高いから?)、どう考えても素晴らしき類稀なコーラスメロディーセンスも
なぜかどこかギャク感もあり(日本だとビジーフ○ーがモノマネし過ぎ?)
凄くいい曲たくさんあるのに、どこかパ・リーグの4番的なところがありましたね。
まぁ言われても仕方ないような変な服装や、正直気持ち悪いアルバムジャケット、タイトルでもありました。
大抵のものにクラシック化される時に必ず必要とされる、いわゆる『寝かせ』という時間経過も
ABBAのアレとともにセプテンバーがしょっちゅう多用されて、しっかり熟成されないところも
悲運以外のなにものでもなく、おそらく今後もかかり続けるでしょうから重みに欠けると思います。
しかもどう考えてもセプテンバーよりいい曲腐るほどあるのに、アレしかかからないので
一発屋的な風にも取れるという不幸も。

そんなモーリスさん、ご冥福と共にむしろいつまでも応援しております。
アルバムタイトルもこうして見ると、泣けると言うかギャグですね。




  

Posted by 友家ホテル at 15:21

2016年03月23日

春なので、奥只見丸山スキー場始まりました

なにぶん当地、冬が永く雪が多すぎるため奥只見のスキー場オープンが
いつも春となります。
今年も先週連休からオープンしてるのですけどコレでも結構早いほうです。
今シーズンはどこも雪不足の為、そろそろ本気で奥只見くらいしかマトモに
お楽しみいただけないのではと、、、

我々からすると3月というのはれっきとした冬の認識なんですけれど
今年は普通に春を迎えております。
もっともそれが普通というか普段が狂ってるだけなんですけどね。


このなんともいえない、というか何も言ってない春の空っていうのが結構好きです。
これは冬が永い年ですとちょうどひと月後くらいの空ですね。
  

Posted by 友家ホテル at 10:05

2016年03月05日

新サービス、いよいよ



旅行、外出っていうのは当たり前ですが自宅以外の場所、地元以外の場所に行くわけですが、
どういうことか恐ろしくつまらない状況に陥ることってありますよね。
何でコイツと相部屋なんだ、とか、あんまり親しくない親戚グループとか、事の成り行きは様々。
自宅じゃないですし基本的に遠出遠方なので逃げ場が無い。
そんな、いや損なご旅行にお役立ちになるかもしれないアイテムを御支度致しました。

それが無料貸し出しDVDコーナー。
自分はあまり映画とか見ない方なので、大多数を社員に任せてすくすく在庫を抱えていこうと思います。
音楽は病気じみてレコード収集、鑑賞するんですけど、映画ってちょっとリズム感が合わないというか
あまり没頭できない性分なんですよ。

開始5分くらいでつまらないともう早送り、もしくは終了。
というかアレなんで120分てシバリあるんでしょうか。
長過ぎじゃないですかね。
あとこのカットいらなくね?とかこのセリフ寒っ!とかそもそも人間じゃなくても良くね?とか
もうツッコミまくるんですよ。
なかでも映画音楽って昔はホント素晴らしかったと思いますが最近はもうギャグ、ってくらい
しんどく感じてくるんです。

そんな自分ですが多少マイフェイバリットがありますのでそちらも少々置かせて頂いてます。

右:死刑台のエレベーター
ルイ・マルとマイルス・デイビスの超クラシックA級映画。
自分が言うことも無いですが、まさに言う事無し。
アルバムも持っているのですけど、こんなのこの映画見なきゃ全く意味無いですね。
初めて見た映画がコレでしたら多分その後見る映画の音楽なんてそれこそほとんど
程度の低いギャグにしか聴こえないのでは。
演技がインタールードになっちゃうくらいのマイルス渾身のプレイも圧巻。
それにしてもルイ・マル監督、当時25歳、全人類に勝っているとしか思えないです。

その隣:ロックストック(シリーズ)
その後スナッチでブレイク、というかマドンナと結婚してセレブ入りを果たすガイ・リッチーの出世作。
この人の見るとDJセンスを感じるような、普通だったらどうでもいいフュージョンとかでごまかすような
場面もレゲエダブとか多用してシーンもサウンドも魂こもってます。
どこか日本のザ・スパイダース(全部傑作)の映画を見ているような、展開とファンクネスを感じるのは自分だけでしょうか。

その隣:ボブ・ディラン×マーティン・スコセッシのやつ
もうお二方のお名前だけでじゅうぶんクラスの二神降臨級ウルトラドキュメンタリー。
良いとか悪いとか、身の程わきまえていたら恐れ多くも言えないですよね、こんなの。
というか見なくても迫力破壊力じゅうぶんなのが凄い。
こういう一流リアルもの見ちゃうともうダメですよ、他のナメた映画なんて。
ディランはボブ・マーリーとかもよく引用していたりするんでレゲエファンからも愛されてますね。

最後:ノトーリアス 
ヒッチコックにハズレ無し、でタイトルと同名のラップのスーパースター(故人)もいて、その人のシルエットがヒッチコックに似ていて
というかジャケでもサンプリングさていて、熱心なヒップホップファンからも若干愛されている映画。
もっともこんなの逆に見たこと無い人のほうが少ないですかね。

と、枚挙してみれば結局音楽ネタというオチでしたが、どれも当館にはフィットしていると思います。
なにせ宿やっている私の趣味なんでそれはそうかと。。。
ちなみにこれ以外ですとマーロン・ブランドとアル・パチーノが出ているものなら全てストライク。

ちなみに社員セレクトはもっと普通なのでご安心を。  

Posted by 友家ホテル at 21:21

2016年02月29日

椅子もいじれるほど余裕の冬



ちょっと前にこちらで紹介した当館オリジナルのイー○ズRAR 友家ホテルエディションが早くも壊れまして
(というか、きも~ち耐えられなかった、、、という感じです)早速手直し&マイナーチェンジ。
そもそもこちらはロッキングチェアであったものをわざわざ私が大工さんと木の台を置いて、和室用にしたものだったんですけど
やっぱりご覧の通りそもそもが持つこのメタル感最高なシェル付きが良いですね。
しかしよくご覧頂きますと、脚がロッキングじゃなく真っ直ぐとなってます。
ここを近所のコ○リホームセンターで買ってきた杉の角材で作成いたしました。

ロッキングしないならDARとかでよくない?と思われるかもしれませんが、基本タタミの上使用であることと、
和室使用で座面高さも低い方が収まりが良いもので、こちらを採用してます。
座り心地は前にもまして(というか前はあんまり良くなかったかもしれないです)いいですね。

たまにイームズ好きなんですかと聞かれますが、正直あんまり好きじゃなかったんですけど
こんな事年中している位なんで、好きなのかもしれないです。
よく考えると樹脂、木、鉄、なんていう組み合わせが絶妙ですよね。

椅子自体は凄く好きですが、正直座り心地より若干インテリア性を重要視しています。
何といっても見ていて飽きないことが大事というか。。。
  

Posted by 友家ホテル at 20:25

2016年02月16日

最後の赤


当館名物というか、個人的には名物と思ったことはないんですけどそう言いたくなるような
この本館赤いカーペットとも本日でお別れ。
(ちなみにこの写真は今朝の本館1階で、2階は既にお別れ済です)
いつだって先祖と家族には今こうして商売を営めることに感謝とリスペクトをしています。
しかしこの赤いカーペットっていうのが実はかなり気に入ってなかったんですよね。
なにせ自分、好きな色なんてたいしてないですけど、赤だけはキライなものでして、
もちろん他人様が赤いお車やお衣にされている分にはなんとも思わないです。
当館のフロント事務所には赤鉛筆一本たりと無く、縁起もかついでますが
その他の意味合いもありまして、それはまた別の機会に。

たまにお客様にどうして赤いの?とか聞かれてもたいしたバックもできず、
むしろこっちが聞きたいわなんて言えませんし。
しかし聞いたことも無かったな~なんて今更ながら思いつつ。
聞くと躊躇するかもしれないので聞かないことにします。

それにしても数ある色の中で何故赤にしたのか、365日お正月気分を味わいたかったのか、
さらに水害にあって貼りなおしのときなぜ再度赤にしたのか、赤い廊下なんて3日もあれば
飽きそうな気がするのですが様々な疑問を抱きつつ、剥がしても全然後悔しないというか
むしろ出てきた板が昨今で言うブルックリン的メチャクチャかっこいい事に、今までの我慢を後悔しつつ
今日も快晴で雪かきの無い雪国で塗装にはげみます。  

Posted by 友家ホテル at 10:19

2016年02月12日

のんきな話

いまだ小雪傾向の当地であります。
全く持って雪の話題も無いですし、例年あまり冬に行なわない
ペイントも雪かきも無いのと欲求にかられ、今年は解禁。
来週辺りには当館ご存知の皆様には衝撃的に変貌遂げた
内観をお見せできるような、、、

雪が少ないと、まぁいい面も多々あります。
が、ちょっとワケわからないこともございまして、
当館のロビーなどで私の気ままなおそらく絶対に他所のお宿さんというか
世界中のお宿さんでかかる事もないであろうCD(これまた旅館とは絶対に縁も無い
DJのミックスCD)をかけ続けているのですが、そこで重要な役割を果たす
CDプレーヤーが年末くらいから立て続けにエラーばかり出まして
自宅からも持ってきたりで結局ダメになったのが↓


おかしなことに他のコンセントに繋ぐとオッケーとかバカにするなよ
なんて苛立ちもしつつ。
こちら普通のCDプレーヤーではなくCDJと言われる類のものでして、
たまにマッタリとかユルイ感じでいいですね、なんて音楽もお褒め頂くことがあります。
それもそのはずで自宅でレコード聴く時もそうなんですが、自分どんな音楽も常に
3%ピッチ落として聴くんですね。
自分の音楽趣味の中でこだわりの一つでもありまして、この商売やっていると
定期的に取材とか、キャプション文言確認とかで、御社のこだわりは?なんて聞かれると
ありえない音楽3%ゆるくかけてます
とか言いたいですからね。
それでピッチコントローラーがあるCDJで再生するのですけど、そりゃマッタリしますよね。
どうしても速い音楽苦手なんです。
それどころか普通よりも遅い方がいいと、とにかくコクというかグルーヴというか
そういったものも増す気がします。

しかしこのての機材、比較的音は悪いですね。
まぁ5万もしないのがほとんどですし、DJ機材っていう前提でありますから、
もっともアンプを含めたセットアップって言うところが醍醐味なんでしょうし。

この冬の魚沼も結構ピッチ低め、いい感じです。

  

Posted by 友家ホテル at 10:43

2016年01月26日

寒波のあと



雪も寒さも過ぎ去って穏やかな天気となりました。
神経が違いすぎる自分等からすると、降雪は比較的どうでもいい位に収まってますが
寒さはかなり厳しかったです。
実は手前ども、雪は浴びるほどいただけますが寒さには結構弱いんですよね。
零下になること事態そう多くないので、いやせいぜいマイナス1℃、2℃くらいは
イレギュラーで瞬間あるでしょうが、今回のようなマイナス5℃とかは結構無理な地域です。
まず何しても融雪出来ない、雪が水や温泉でも溶けないんですね。
加えて様々な設備が寒冷地的になってはいても、そのような獄寒地式にはなっていない。
ということで諸々痛むんですね。
ちなみに自分、温度なんて計ったことありませんのでこの話の数字面、かなり感覚のみで話しております。

ただいまの積雪は(積雪も測ったこと無いです)例年の1カ月くらい遅れている感じでしょうか。
だからといって春まで遅れなくてもいいですよね、ホント。

  

Posted by 友家ホテル at 09:17

2016年01月15日

まだ申請フォーム立ち上がりますね



本日多くの方がエントリーされたようでアクセスが集中し、少しトラぶった感があったようですが
どうにか皆様お申し込みできたようでしたら幸いです。
まだフォーム立ち上がるということは、まだ行けそうですかね。。。
やるだけやった方がいいと思います。

自分聞かれたら基本的に3分で終わるとか、5分と持たないとか言いまくっていたんですが
何せその3分や5分ではフォームが立ち上がらなかったということで、適当なこと言って
スミマセンでした。
自分とこ結構な方々からメール来てましたが、ホントスミマセン。
でも自分のせいではないですからね。
この場を持ってお詫び申し上げます。

それにしてももうそろそろ終わるかもしれませんので、考える前に申請願います。
https://visit-uonuma.sakura.ne.jp/hpja/yukinotabi.php  

Posted by 友家ホテル at 15:19

2016年01月15日

おそらくしばらく最後の旅行券ご案内



先着順なのでお早めに とのことです。
総予算に対してここ数日の当館のみの該当日ご予約者様だけでも、
結構行っちゃう気がしますから、是非ダッシュでご申請ください。
クロームに個人データ貼り付けておいた方がいいと思います。
もうとにかく最後の 送信する だか 申請する だかのところまで
なりふり構わずお急ぎください。

本日10:00です↓
https://visit-uonuma.sakura.ne.jp/hpja/yukinotabi.php

ちなみに本家のふるさと旅行券も2月土曜日のみ、
しぶとくお待ちしているそうです。↓
http://www.niigatanotabi.jp/

なんだかんだで半年くらい続いた旅行券のお話は、これにて終わりでしょうかね。
売り上げとか実績とかとは別にしても、結構お問い合わせ、現場やお客様と盛り上がった半年間でした。
このブログもそこそこ皆さんご覧頂いているとの数字がありまして、誠に有難うございます。
新潟県旅連青年部カテゴリに在している本ページなのですが、自分のような
いかがわしい人間が書いているこちらが、そのカテゴリ内でたまにPV1位なんだそうです。
そういう役割じゃないんですけどね~ボク、と本気で思ってます。
常連の方などから、旅行券の話もういいから、とかたまにメール来るんですよ。
大丈夫ですもう終わりますから。

でも、来年度もやった方が良いんじゃないかな~。  

Posted by 友家ホテル at 08:19

2016年01月12日

小正月に最後の旅行券

いよいよこの手の最終となりました割引旅行券です。
(うまさぎっしりふるさと旅行券は土曜日のみ絶賛受付中)


今週金曜1月15日10時に↓からエントリーください。
https://visit-uonuma.sakura.ne.jp/hpja/yukinotabi.php
10時前にページに入ってくださいね。
申請対象者は制限が無いとのことです。

年始と言うにもかなり落ち着いてきましてただの1月という感じですが、
未だに雪無いです。。。
しかし個人的に毎冬大雪過ぎて見失っていたこともあるんだと再確認。
木の枝に積もる雪って綺麗だなぁ、と生まれて初めてこの冬思いました。
そんなものは本やインターネットのページで散々見る機会が合ったのに
その都度、おお、いい写真だね~、なんて思っていたものの、実はそんなの
目の前に溢れていたんですね。
自分等なにせ積雪しか見ないんで下しか見ないんですよ。
凄まじい量の雪が降り落ちてくる上を見上げる人なんて、まぁまず当地にいないですね。
見上げたところで日差しなんて春まで誰も期待してませんし、そもそも雪雲で明るさが少なく、
吹雪にて木の枝なんて本気で見えないですし。
ところがこの冬は日も刺します、冬に見上げる空なんて贅沢だな、などと思ったり。
というか結構木生えてるな~と間抜けな再確認。


  

Posted by 友家ホテル at 09:23

2016年01月08日

ふるさと旅行券申請 まもなく平日半額締め切り

少し前から間違いなく旅行券のご申請をされると思われるお客様よりの
ご予約で受信トレイが休む間もない具合です。

本日もう少しで平日は完了となると思います。
思いのほかのんびりで大丈夫でしたね。
土曜日申請はもう少々いけそうです。
しかしながらこのお忙しい世の中で、2月のことなんて考えたことないし、
という方も非常に多いかと思いますし、そもそも今日申請なんて暇もなかった方々も
大勢いらしたのでは。

そんな皆様に、最終のスーパーボム。
来週の今日、すなわち15日金曜日10時、、、




↑こちらはもっと激しい争奪が見込まれます。
なにぶん総額予算が本日のものに比べ非常に少ないです。
対象もないと思いますので是非皆様のスマホ速打、期待しております。
来週になりましたら申請URLのお知らせとともに、またこちらでご紹介いたします。

この年末年始は雪をお求めになられても、あいにくという方々で本来大雪過ぎて
恐縮する我々も、小雪過ぎてなんだか説明もつかない感じとなりました。
そんな冬、2月はおそらく潤沢にある雪をお求めの皆様、またリベンジの皆様も
是非よろしくお願いいたします。
  

Posted by 友家ホテル at 14:16