2020年03月29日

自粛中

まず何を自粛しているかと申しますと、当館玄関前の雪かきを自粛しております。
若干お通りに難が生じるかもしれませんが、何卒ご了承ください。
なぜ雪かきを自粛しているかと申しますと、面倒ですし大した量ではないと言うことに加えて、
冬の雪国の宿の玄関くらいはちょっと雪欲しいよな~、とこの冬じゅう思っておりました。
今ほどの玄関前を撮影しようと思ったらもうほとんど無く、おまけにお客様のお車が
バッチリ写るのでそれも自粛します。

宿の営業は自粛しておりませんし、正直言って今日も様々な地域からお客様に
お越しいただいております。
先回のブログにて様々なご声援や別のお声も頂戴したのですけれど、とりあえず
当館はこの騒動あっても無くても、お客様のご予約やお求めあっての商売でありますから
ご用命の限りはおもてなしご対応させていただきたいと考えております。
皆さんは知らないでしょうが旅館業法の第5条に

旅館業者は、伝染性の疾病にかかっている者や風紀を乱すおそれのある者等を除き宿泊を拒むことはできない。

と言う条文があり、突然法律持ち出しやがってと思われるかもしれませんが、これは
法律以前に宿の人なら大抵はモラルやポリシーとして持ち合わせている部分だと思います。
ちなみにこれを犯すことは割と重罪だと認識させられております。
最も風紀は私が乱しているようなところもありますが恐れ入ります。

しかし4月はですね、さすがに社会が混沌として参りましたのでまずは4月10日まで
実験的にご予約制限をさせていただき、満室の3割程度までのご予約受付とさせていただきます。
これに伴いお風呂は全浴室貸切、加えてまぁのんびりなさって下さいよ!と言う事で
当館HPプラン限定特典で最長24時間ご滞在可能と致します。
連泊も可能です。
4月企画第一弾としてこちらをまずは4月10日までです。
そして4月と言えば、、、

凄いこと書いてありますがしっかり読むと、若干落ちます。
しかし当館にお泊りいただければ2,500円は確実にゲットなんでアリですよね。

今日の曲と言うか動画でありますが、いつもレゲエとかなんとか言っておきながら
スミマセン、私共大湯にも最近動画が出来たこと忘れてました!
なんの動画かと言うと大湯のお湯の素晴らしさをお伝えすると言うものなのに、
ややズレていて申し訳無いですけど、これも第一弾としてご覧ください。
今後も展開して行きたいと考えております。

大湯のHPとかあることも知ってますか?
私も地域のこともやらせていただいておりまして、どちらも大きく関わらせていただいております。
よろしければどうぞ!


http://www.oyu-uonuma.com/
  

Posted by 友家ホテル at 16:47

2020年03月27日

今、皆さんが本当に知りたいこと

についてお伝えいたしますね。
なんとなく騒動の最中、宿がどんな感じか、どのような方々がお寛ぎになられているのか、
どういった感じでお越しになって、、、など色々気になることある方もおいででしょうか。

まず、当館は諸々議論や試行錯誤も重ねて除菌を強化しつつ、なんだかんだで
普通に営業させていただいております。
裏では色々やらせていただいておりますが、見た目的には危機感や緊急感とは無縁の
宿でありたいと思っております。

お客様にては思いのほか普通ですし、お一人様もご家族様も、お二人様も、
コレはホント普段どおりですね。
というか、もしかしたら普段より若干気分盛り上がっちゃっているようにも思います。
せっかくのご休日ですし、都会の方々とかはこの影響で、ストレスが多い毎日と
伺っておりますから、お気持ち楽になられたらこちらも嬉しいかなと思います。
相当嫌気が溜まった方々が大勢でした模様で、おかげさまで3月は当館も
良い塩梅にさせて頂きました。

加えてマスクでありますが、ビックリするほど皆さんしていないんですね。
ゼロとは言いませんけど、もっともこちらもしておりません。

どちらかと言うとお客様から元気貰っているようなところもあります。
周囲を見渡せばヤバイヤバイと言う人や情報多いですけど、当館にお越しになられる
皆様はおそらくそういったネガティヴなことはあまり関心ないように思います。
冷静に考えると限られた人生と言う時間の中で、不幸に関わっている時間ほど
無駄な時間は無いですし、悲観してもひがんでも妬んでもHATEしても絶対に幸せ
にはなりませんし。

そんなことを、きっと皆さんこんな事なくてもお忙しい方々なんだろうな~、というお客様の
休日を満喫されている光景を眺めては、つくづく思うようになりました。

実は騒動の初めのころは、行っても良いですか?みたいなご相談もしばしありました。
今現在ご健康であれば全然OKですし、そういうご心配があるこのご時世に悲しくもなりました。
当館のような世間からはみ出て本当に奥まったところにある宿は、しっかり真面目に
ふざけつつも、ちょっと楽しめるような場所でありたいなと本当に思います。
温泉に浸かって免疫を高めて、より良いイメージでお帰りいただければ嬉しいです。

今日の歌は久々にジャマイカ勢から大ネタ。
本家最強ですがこの人もバケモノ級にうまいですね。
というか本人?というくらいの箇所も!

たまにこんなんでも聴いて、楽観も大事です。  

Posted by 友家ホテル at 17:49

2020年03月15日

ガッツリ買い占めております


インスタグラムでは昨年末にお知らせした(つもり)ですが、当館では
中古レコードの販売を強化しております。
どんな宿だ、っていう話ですけどマジな話です。

自分のチョイスだとラップとかレゲエとか、と思われるかもしれませんが
選球眼はブラックミュージックで培ったスキルのまま、80年代の洋楽邦楽に
やや的を絞って展開しております。
おそらくレコードが最も売れたであろう80年代の中でも特に邦楽に限っては
ライトメロウ、シティポップといった今が旬な路線が中心となります。

↑の画像の寺尾聰リフレクション帯付などは我々コレクター・DJからすると
見つけたら買い!という大常識盤でありまして、海外のコレクターやクリエーターも
インバウンド来日してガッツリ買い漁るので値が相当暴れておりました。
が、このコロナ騒動でインバウンドも低迷するでしょうから実は自分ら
コレクターからするとレコード価格の安定と言った意味では少し安心してます。
いや、自分などは思いっきり喜んでおります。

自国の中古レコード安定供給の為にも、我が国の中古レコードと言う限りある資源の
海外流失阻止の為にも、がんばって行きたいと思います。
コロナの話なんてしている場合じゃないんですよ。

で、このリフレクション(タイトルも良いですよね、ジャケも!)にては画像のものも
合わせて15枚ほど帯付でストックしております。
最近毛蟹の電話・メール注文、プラン予約が絶好調ですが、リフレクションも売って
おりますのでご入用の方は是非お求めにお越しくださいませ。

それにしてもこの80sライトメロウ・シティポップ、アーバンメロウ、、、この辺は
いまや我が国が世界に誇る一大音楽ムーヴメントだと思います。
シュガーベイブ系とかティンパンアレー系とかは昔から評価高いですが
80sの角松や↑の寺尾とか、古い、と思っている人達って年齢関係なく今最も
オジサンオバサンとして置いていかれているように思います。
海外の著名DJも相当重宝しておりますしね。

このレコード販売コーナーには今ほど800枚ほど陳列されておりますが、全て私が
1枚1枚レビューを書いております。
買わない方やレコードに興味がない方でも楽しんでいただけるように色々やってますので
是非除いてみて下さい。
陳列在庫は早急に3,000枚を目指しております。
やはり見応えとしてもそれくらい欲しいですよ(とは言えバックヤードに店頭に出していない
モノが1,500枚はありますがレビューやクリーニングが追いつきません)
もしご自宅でご不要なレコードがありましたら、ご宿泊の際にお持ちください!
お品によっては買取ならぬご宿泊値引きも可能です。


それにしても毎日毎日狂ったように業界(レコードではなく宿です)団体からコロナ関連のアンケート、
ヒアリング、調査シートのオンパレード。
なんか、全然違う感情が芽生えてくるんですけどね。
それにしても今思ったのですがオンパレードって、古い、ですね。
すみません。

今日の曲は折角なんで和モノネタで。

それにしてもレゲエトラックも歌も上手くまとまっていますね、謎ですが。
今ほどご自宅に待機されている方も多いと思いますのでこんなんでもお役に立てば。

ハイファイセットが歌ったヴァージョンが人気が高い気がします。  

Posted by 友家ホテル at 17:55

2020年03月09日

皆様にお伝えしておかなければならないことがあります

そういえばウチ、エレベーターが無いものでして不特定多数の方々が密接する機会が
一段と低いことお伝えするの忘れてました。


しかし他のお宿さんと比べていただこうと言うつもりは全くございませんが、
階段もこの機会に当館の楽しい個性と存じていただければ嬉しいです。
いや、そんなわけ無いですよね。。。

奥只見丸山スキー場が先週末よりオープンしております。
今年は雪不足の影響で、各スキー場も営業が不安定でありましたので
ここ数年来でもっとも反響が大きいように思えます。
当館にも連日問い合わせやお得なリフト券のご要望を頂いております。
ほんの少し、プランでも作ってみようと思っておりますのでお好きな方は
チェックなさって下さい。

今日の曲は、この企画でも最強クラスにビッグな元ネタになるかもしれません。
あのギターの神様であります。
しかし冷静に考えると、今の時代だとそもそもギターで神様になれるのか、
という素朴な疑問もありますが、昔はギターとはメチャクチャカッコ良いもの
だったんですよね(もちろん今でもカッコいいですけどファッション文化をも巻き込んで)
そもそも神様やスーパースターの度合自体が昔と今とでは比べ物に
ならないようにも思います。

歌っているのはKOTCHという恐ろしくマイナーな方で、ラヴァーズレゲエを
何年も熱心に追っている人じゃないとまずたどり着かない人。
しかしこれが原曲に勝るとも劣らない、春スキーも始まったけど落ち着かない
こんな季節に、優しくてホントに良い曲です。
ココ一番に大事にとっておきましたがこのたび是非どうぞ。

  

Posted by 友家ホテル at 08:35

2020年03月01日

不要不急の外出はお控えください

ただし、友家ホテルは貴方にとって不要不急でもなんでもありません。
他のお宿さんもそうですし、他のご商売もみなそうだと思います。

アノ、不要不急とは一体何をさすのか。
当館はどうでもいいですが、他の全てのご商売されている方々ってのは常に
誰かに必要とされ愛される為、一生懸命、最初から命削ってやられているんじゃないかと思います。
こうした騒動があってもその思いは変わらないと思います。
ですのであまり安易にそんな言葉、使わないで欲しいかなと思います。

話逸れましたが、不要不急とは、大事でもないし急ぎでもない、と言うことかと思います。
不要不急の外出。
例えるなら、中学の時に1回しか話したことがなかった同級生に修学旅行の晩飯が
なんだったか聞きに行くとか、
今日のガソリンいくらかな~と言って給油もしないのにガソリンスタンドの価格表示見に行くとか、
すなわちどうでもいい事言うんでしょうね。
目的や得るものがわからないような事なんでしょう。
そんな事って普通の出先にはまず無いですよ。

しかしご心配をよそに無理する必要は無いですよね。
無理されてもそこから喜びや豊かさに変わることはなかなか難しいと思います。
ただ、当館のような宿でも少しはご心配が低減するような仕組みもございます。

まず、宿の程度と申しますか客室数の割りにパブリックスペースが大きいです。
やたらとゆったりしております(その分段差も生じます。有名ですが)。
そして全て客室部屋食またはグループ個室でのお食事となります。
不特定多数と飲食を共にするということが一切ありません。
また、お風呂は4箇所ございますのでこれも程度の割には数と面積はそこそこ有ります。
満室でも誰にも会わなかった、と仰る方がいることもしばし、な宿です。
ということでどのタイミングにても集団にはなりにくい環境で、団体やツアーもそもそも
受けておりませんが、私自身もそうですが当館のお客様も群れることが結構嫌い、
みたいな人が多いですね(すみません、勝手に言ってますが)
それと関係ないかもしれませんが、雪国の冬は気温が低いのでわかりにくいのですが
湿度が梅雨よりも高いんです。
何かの役にはたってくれているかも知れません。

加えてしばらくの間の試みでありますが、ご予約制限を設けて部屋を順に休ませて
普段よりしっかり除菌を施す取組を開始致します。
ですので、空室があっても早めの受付終了日が出てくること、またはご希望のお部屋が
お取り出来ない場合があることをご了承くださいませ。
何ら一切の完璧やご安心を確約することではございませんが、皆様に必要とされ愛される為、
可能な限り尽力させていただきます。

今回の感染で亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。
ただここまで言ってアレですけど、感染したらどうなる、ってところがはっきりと見えてこないんですよね。
言い方悪いですけど、体は元気だけど営業がメチャクチャになっている同じ組織の同僚の宿もあって、
比べることでは決してありませんが、既に間違いなく相当不幸な者が同業内におります。
どうか温かい目でご対応いただきたいと思います。
重くなるが一番よくありませんので、この件の投稿は今回限りとさせていただきます。
(と言って何度かリピートするのが私の良くあるパターンですけどね)

時節柄、ご自身さえもご心配が多い最中、ご声援のお声やご予約を賜りましたお客様、常連の皆様には
心より御礼申し上げます。
しかしご心配がご期待に勝った場合、キャンセルもご遠慮なくお申し付けください。
加えて高熱が平熱に勝った場合も、全く遠慮なくキャンセルお願い申し上げます。

今日はコレで!

  

Posted by 友家ホテル at 18:04

2020年02月28日

昨今の感染報道につきまして

新型コロナウイルスの発生から数週間経ちますが、また報道がやや強化されている
ように思います。
当館と致しましては、地元保健所や関係団体との連携を保ちつつ、現状は平素と
変わらずに営んでおります。

何卒ご安心を、と言い切れないもどかしさがございますが新潟県にはいまだ
ウイルスの上陸ははたしておりません。
昨日も本日も、お客様と何かわる事はなく過ごさせていただいております。
この為、現在は通常通りのキャンセル規定を設けさせていただきたいと思います。
どうかご理解の程よろしくお願い致します。



  

Posted by 友家ホテル at 09:18

2020年02月21日

まだはじまらない、冬

もう2月も暮れと言うのに、本当に年末の様相の雪景色です。
気がつけば渓流釣りの解禁まであと2週間も無いんですね。
3月1日から解禁となりますが、毎年「まだ出来るわけないでしょ」という
解禁日設定で、なかばギャグと捉えていたんですけど今年は間違いなく
出来るに決まっているとしか言いようが無い本日の川の状況です。

ご覧の通り、雪の在庫もほぼありません、というかこのちょっとあるやつですら
ほんの少し前に申し訳程度に降った時のものでそれ以前はありませんでした。

奥只見も異例の早さで今春シーズンがもう少しで始まる予定ですので、
春スキーと釣りが両方楽しめるのもそうそう無い話ですから是非とも
ご検討ください。

今日は金曜日と言うことですので本日の選曲を致しました。
J-POP史上に燦然と輝く名曲のカバーでありますが、歌っている方は
どなたか存じ上げません。
しかしウマイなぁと思いますしバンドもアレンジもマズマズじゃないでしょうか。
ただ、歌唱がレゲエビートにのれていない、打ててないところが目立つところと
若干モノマネ入っちゃってて自分仕様で歌えていないところが本家ジャマイカの
気合が入った盗人どもとの大きな違いです。
っていっても今日が金曜日だから、と言う以外の選曲理由はありません。



あえて本家の動画は出しませんがこの曲のオリジナルってシェリル・リンの
「Got To Be Real」を巧妙にサンプリングしているように昔から思います。
もっともドリカムの初期なんてそういうのわからない人が聴いてもあんまり
面白く無いと思うんですけどね。



たまたま見つけたカラオケインストがヤバイです。
このズブズブ感、まさに今をときめく80年代サウンド、808、アーバンファンクや
モダンファンク好き、西海岸ラップ好きにはグッと来るものがあるのではないでしょうか。

因みにウチ、宿です。
  

Posted by 友家ホテル at 11:26

2020年02月14日

函館から上陸



冬になると巷にエビとかカニとかドーンと溢れ出すじゃないですか。
個人的にも当館的にもあまり興味がなかったのですが、ここにきて思わぬ縁から
カニが函館から参りました。

従姉妹が函館におりまして地域の立派な会社さんのところにお嫁に行ったのですが
毎年、お歳暮的に美味しいカニを送ってもらって皆で美味しく召しておりました。
ただがむしゃらに毎年毎年ウメーウメーと食べていて、流石に昨年末くらいに
気がついたのですが、コレ仕入れてお客様にもお召しいただこうと。
なぜ商人マインドが蟹の前では消滅していたのか、それとも蟹は人のことを
無言にすると言うアレか、今となってはわかりませんが従姉妹にそちらの蟹、
紹介して欲しいと申しますと、アッサリ函館でも有数の問屋さんと労せずして
ご縁頂きました。

函館の皆さんに色々良くして頂いて皆様にもお出しできます。
ちなみに有料です。
食べ放題ではありません。
そして毛蟹です。
というか正直言って食べ放題くらいのクオリティのものでしたら、扱うことはございません。

プラン販売も順々と整備しております。
既にご予約の方はお早めに仰っていただければ、追加注文も可能です。
(2名1尾推奨)

函館からの蟹はズワイもタラバも毛蟹も本当に美味しいです。
それほど蟹を食べつくしてきたワケではありませんが、鼻から舌から喉から胃袋まで、
濃厚に蟹!という充実度があります。
世に出回る蟹の味がする蟹ではありません、蟹です。
リアルとはこのことであります。
是非ご検討ください。

今日の曲は、また悲しいことに偉大な方を我々は失ってしまいました。
野村克也監督。
妙に納得できる理屈が好きで、文体も自分には読みやすかったので著書は
かなりの冊数拝読させて頂きました。
細かくは言いませんが自分の宿の取り組み方と、レコードの選び方買い方、
麻雀のハイの切り方など、勝手に野村理論を参考にさせていただいていることは多いです。

だいたいノムさんが育てた後に、星野監督がおいしいとこ全部もって行っていた
ようにしか思えないの自分だけでしょうか。。。
真の凄い人に相応しい曲でR.Kellyの名曲を聴きやすくした感じですね。
イヤこれは流石にオリジナルの方が良いでしょうかね。
しかしコレ、レゲエカバーと言うコーナーなのでご了承ください。


それにしてもこの世紀の名曲も、さも自分の曲のようにレゲエアレンジで、というかレゲエで
歌いこなす根性と神経がすごいです、この人達、、、毎回思いますが。
良い意味カバー超えてますし。  

Posted by 友家ホテル at 08:28

2020年02月01日

2月ですけど

もしかして今秋で3月になったら冬とかそういうこと無いですよね。。。
まさにシーズン詐欺みたいな話だけはやめて欲しいと願います。
そう思わざるを得ないほどの雪不足と暖冬。
私共、大湯温泉旅館組合の経営となっております大湯温泉スキー場も
今シーズンの営業を取り止めようかと議論しております。
1日だけ1月の5日にやっただけなんですけど、多分誰も気にしていないので
やめるとか言ったところで迷惑も無いと思います。

誰かあのスキー場を買ってくれないでしょうか、いや貰っていただけませんか、
と私アチコチでそういうこと勝手に言うものですから組合の会議では
結構しかられると言うか連日連夜の深夜までの大激論であります。
こんなこと、全国のスキー場さんでやっているんだろうな、と思います。

2月と言うことで雪国にはピッタリなお品を。。。



煮菜。
私共は、にいな、と読み呼びます。
これは果てしなく雪国らしいエピソードな郷土食でして、すっぱくなった
野沢菜の漬物などを煮物にして、煮なおして食べると言う何故か囲炉裏や蓑、
おじいさんとおばあさんが連想できる、心温まる料理でありますが、
当館のお支度はちょっと違いまして、野沢菜漬けも何も登場しません。
最初から普通に新鮮なとう菜(主に大崎菜と呼ばれる菜)を煮物として
調理致します。
と言うのもまず第一に野沢菜漬けのすっぱくなった物が無い、と言う事と
その正式レシピで作ると調理室がたまらなく臭くなるから無理、という
厨房からの大クレームで、そのように致しております。

いずれにせよ、すぱくなったもの使っていないのだから良いじゃないか、
という温かい目で、いや舌で味わっていただきたいと思います。
是非お待ちしております。

今日の曲。


何故か黒人にも一定の評価があるフィル・コリンズの有名曲を
ジャマイカとレゲエ界の至宝と言っても故人、デニス・ブラウンがカバー。
最近のそもそも大したコンセプトもない曲ですと、ここまで人落とす、悲しいというか
説教臭い歌もそうそう無いですよね。
悲しい歌作らなくても良い時代になったのでしょうか。
考えてみるとラッパーとかも、時代に対して特に切実なリリックも聴かなくなりました。

肝心のこちらの曲、どちらも歌レベルは高い御人でありますが若干デニスがリードと
勝手なイメージでありますがフィル・コリンズとデニス・ブラウンであれば圧倒的にフィル・コリンズの
方が恵まれた生い立ちのようにあくまで勝手に思いますので、レゲエの勝利かと。
というかデニス・ブラウンの歌声は大抵の曲で素晴らしく好きです。  

Posted by 友家ホテル at 16:21

2020年01月29日

100年に1度の暖冬小雪と言いますけど

標記や表現に規制が強まって来た世の中で、これほど曖昧な表現無いというか
もっともそう言われたところでその表現自体で誰かが苦しむワケでも無いと思うので
どーでも良いのかもしれませんが、天気予報のあり方としてただありのままの事実と、
精一杯わかる範囲の予報をすれば良いだけだと思うのですけど、このところの予報は
猛威や脅威を強調するというかもっと言うとドラマチックに天気を仕立て
ようとしている節すら見受けられて、違うんじゃないかなと言う気がします。

そもそも表現者でもないのでやっている事が違うと言う事で全てですが、話し変わって
Yahoo!の天気は本当に良く当たります。(この冬はもうほとんど見なくなりましたけどね)

しかし100年に1度、いやもう現れないかもしれないレベルの超人、コービー・ブライアントさん
R・I・P。。。
さすがにあのニュースはキツ過ぎますね。

暖冬小雪とコービーさん、とかけていそうであまりかかっていない曲の紹介。
オリジナルはそれこそ100年に1人級のモンスターアーティスト、キャット・スティーヴンス!
この方お一人で生涯アルバム売上6,000万枚以上!
勝てるのはマイコー様やビートルズや現役だとアデルくらいなので、偉人中の偉人。
もっとも私べつにこの人好きでも何でもありませんがこの人の曲で、もしかしたら
オリジナルがこの人だったこと知らない人が多すぎ!と言うくらいカバーされている
名曲のレゲーカバーを一つ。

レゲエ好きならキャット・スティーヴンスの曲知らなくてもこの曲は知らないとレゲエ偏差値は
相当低いと言うかゼロに等しい曲。レゲエに興味がない人にはびっくりするほど知られていないので
是非聴いてみてください。クセになります。


ロッド・スチュアートのもありましたね。いつかどこかで聴いた事があります。シェリル・クロウのは
全然良くなかったイメージが。

もう一つ、こちらはより濃くなったタイプ。素晴らしいです↓

  

Posted by 友家ホテル at 08:35

2020年01月10日

雪が無い!

ちなみに我々の地域では雪が少ない事を、雪が無いと申します。
おそらく現状の風景を首都圏の方が見たら「少ない」と申しますが
我々からすると「ない」ですので日本語の表現の豊かさにて語弊があったら
申し訳ありません。

これは雪が「ない」昨今のショットであります。
寒波もないので気温も高く、1月とは思えぬ陽気に戸惑いつつ申し訳無さそうに
地球が顔を出しております。
ちょうど地面が見えなくなる感じをキープしてくれると景観的には良いんですけど
これだとただの冬というだけで、雪国の面目も無いですね。
ただ、ちょっと雪に触れたいとか雪がある休日を過ごされたいと言うのであれば
かなりのんきにお気軽にお越しいただけると思いますので、そういった意味では
この冬はオススメです!

曲を紹介します。
自分にとってリアルタイムと呼べるのが90年代中盤以降だと思いますので、
80年代っていうのはいつまでも、まさにオトナな時代として後追いする感じなんですね。
70年代とかになると割り切って昔なんですけどね。3ヶ月しか生きてないですし。

その80年代におそらく時代の象徴の一人でもあったのかなと言う方が
ジョージ・デュークさんです。
自分の洋楽との接点の最初期とも呼べるのがたぶんデュークさんで、
80年代当時、メチャクチャ幼少期なんですけど流行のドラマとかでバーの店内シーンなんかで
BGMとしてかかっていたりしていた曲にデュークさんの曲もしばしあったと思います。
その頃くらいから人知れず洋楽とか英語とか黒人とかかっこいいなぁと思ってました。
ビジーフォーによくモノマネもされていたと思いますので、それくらいに
日本のお茶の間にも浸透していたのではないかと。
中でもこの曲がメチャクチャ自分は好きで、レコードと言ってもLPも7インチも
この曲が入ってるだけで即購入して来ました。



原曲もサイコーに良いのですけれど、レゲエの調理も物凄く良くないですか?
なにせ元がクラシック中のクラシックなのでアレンジも大変だったと思うんですよね。
歌っているのはジャマイカのスティービー・ワンダーことフランキー・ポール。
ただ盲目と言うところが一致しているだけに思いますが、その前フリ無しでも
全然スーパースターで、世界的ヒットも多数持ってます。
こうしてアップするまで知らなかったのが恥ずかしいばかりでありますが、2017年に
お亡くなりになっていたんですね。めちゃくちゃお世話になりました!ありがとうございます。

と言うことで聴いてみて下さい。
バブルの良い思い出が蘇る方々も多いのではないでしょうか?

デュークさんの話に終始しましたが、この曲での相方のスタンリー・クラークのこと
全然言ってませんが、まぁ別によくない?ってことで。。。
  

Posted by 友家ホテル at 10:55

2020年01月01日

お正月

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


是非今年もお待ち申し上げております。
っていうけど良く考えたらそれって本日お泊りに皆様無視って事ですよね。
ですので今年も皆様誠に有難うございます!
完全に雪が無い、または少ない正月、年末年始となりました。
普段の冬だと降雪を見るなり外、空を10秒ほど見つめて勝手に積雪予測、
融雪のバルブをいじったりアチコチ狂ったようにルーティンしてたものですが、
この冬は特に玄関前の雪は消したら次いつこうなるのか、と考えるとむしろ
雪が消えるのが不安でなかなか消せない、というレアなケースとなっており
ます。

雪国の冬の宿の玄関前には少しくらい雪が欲しいと思いますよね。
ハワイのホテルの前にヤシがなかったらちょっとガッカリするのと同じです。

新年一発目の曲の紹介も非常にデカイ曲から参ります。
オリジナルはプレスリー。
レゲエのカバーでプレスリーの元曲、となると鋭い方はもうおわかりかと思います。
一体どれだけのジャマイカンがパクッてきたのかというくらいレゲエにはカバー
されているこの曲。


レゲエというか音楽として最強に素晴らしいと思います。
リー・ペリーというジャマイカの鬼才によるプロデュースでして、この辺でグッとやられちゃうと
取り返しのつかない、完治することは一生無い私のような病気となりますのでご注意ください。
いつにも増してマジな曲、のご紹介でした。

しかしジャマイカには全くと言って良いほど合わない曲にも思います。
常夏のジャマイカで歌うシカゴの冬も違和感ですが、雪国の元旦に雪がこれほどまでに無い
景観にもなかなか慣れないものです。
  

Posted by 友家ホテル at 20:12

2019年12月31日

今年もありがとうございました

大晦日となりましたのでご挨拶させて頂きました。
今年も多くの皆様にお越しご宿泊いただきまして、もしかしたらご満足頂きましたリ
それなりに多くのご迷惑もおかけしたかと思います。
また来年もよりディープにリアルに進化できるよう精進させていただきますので
よろしくお願いいたします。

お客様皆様あっての当館でありますし客商売でありますが、こうして年末と言うか
冬の季節になるとそれ自体色々考えたりします。
勝手な考えで大変恐れ入りますがこんなブログ読んでくださっている友家ホテルを
ちょっと気に入ってくれている皆さん、いや貴方にフィットした宿でありたいと、それく
らいは大前提に考えております。
しかしそれなりに多くのご迷惑もおかけするかもしれませんので、ご容赦ください。

今日も年末クラスの大ネタを、と仕込んだ今年最後のカバー曲は、久々にカバーで
はなくレゲエリミックスとなります。
自分にとって、イギリスの皆さんにとって、世界の人々にとって21世紀の音楽シーン
でもトップクラスに偉大なシンガー、エイミー・ワインハウスの初期のこの曲のレゲエ
ヴァージョンで今年とお別れしましょう。
いわゆる編集モノだと思いますがアレンジもネタ選びも非常に秀逸だと思います。
ジャジーレゲエ、そんな表現では収まりませんが良いですね。
今ややショボめに降っている雪と合います。



良いお年を!  

Posted by 友家ホテル at 22:15

2019年12月30日

気が早いですが1月のお知らせ


1月、いや冬と言えば鮭ですよね。
そして新潟的にも鮭は有名です。
加えて当館の朝食の鮭、結構人気です。
と言うことで1月は鮭。
それにしても雑味が多い謎の画像ですがご容赦ください。

今日明日で年末と言う季節も終わるので、年末感満載の大ネタで。
オリジナルはスティング!
ちょっと前まで神ってましたけどあまり聞きませんね。
U2のボノとかの方が圧倒的に露出が少ないのに永久神みたくなってるじゃないですか。
スティングとボノ比べることもないと思いますけど、最近陰りが見られるのではないでしょうか。
もっともお前にそんなこと言われる筋合い無い、と言うご意見ごもっともでございます。

元ネタはそこそこシリアスだと思うんですが、レゲエの手にかかれば途端にホットに。
歌うのはシャインヘッドという、レゲエのみならずヒップホップファンにも絶大な人気を誇る
ベテランと言っても当時は怖いものナシのちょっとしたスター。
カバーのみならず替え歌にしてしまっているところも◎。
もうメチャクチャって感じ、素晴らしい。

何故かわからないですがこの曲、演歌っぽさを感じるんですよね。
元ネタもこちらも是非今日聴いてほしいビッグチューンであります。
明日も大きいの行きます。  

Posted by 友家ホテル at 17:23

2019年12月29日

気持ち雪降りました


そこまで降っていないので結構とけました。
雪が無いのも楽ですが、ちょっと無いと恥ずかしいんですよね。
情緒も追いつきませんし。

その分歌で盛り上げようと年末そろそろ大ネタ連打。
オリジナルは80年代売れに売れたであろうエアサプライ!
因みに80年代ブームやAOR人気でただ今エアサプなんとセカンドブレイク中!
LPとかも常にレコ屋でもサイトでもゴミのような扱いでありましたが、このところ
ゆるやかに値上がりしているように思います。

そして恒例のごとくジャマイカ人がカバーした曲の紹介なんですが
レゲエの人達は昔からエアサプをカバーするのが好きですね。
without youとか何人もカバーしていると思います。
今回は良いとこついてくるなぁといういずれにせよ名曲。
歌うのは世界でも屈指の歌唱力の4人ではなかろうかと言う男s。

っていうかオリジナル映像無いですね、すみませんこのブログの様式に
はまらないみたいでこれで勘弁してください。
最も歌っている人達、見た目で全く勝負していないので
この方が良いかもしれません。

いや、昔あったなぁこの曲、とか世代の方には懐かしんでいただければ。
年末年始、テレビ局も変な志向の企画スペシャルなんかよりも、なつかしの名曲
レゲエカバースペシャル!とかあったら、、、誰も見ないですよね。  

Posted by 友家ホテル at 14:28

2019年12月25日

メリークリスマス!

メリークリスマス、声に出していないものの文字におこしたのもいつぶりでしょうか、
って感じで関係ないのですが、昨日も今日もカーナビに言われたこと思い出しました。
この、メリー、ってあたりが妙に日本人にフィットしない感じですよね。

今年は雪が(ほとんど)無いクリスマス、我々には久しぶりかもしれないです。
まだ結構暖かいですね。お正月くらいから冬景色の予報なので、年内年末にお越しの
皆様には極端な雪道の心配は無さそうです。
年明け以降も量的には少ない予報ですが、さすがに1月にもなると今みたいに、ナシ、ってことは
ありえませんのでお正月以降はお気をつけてお越しください。


今日の曲はとっておきのクリスマスアンセム。誰もが知るあの曲。レゲエカバーと言いつつ
ほぼまんま使い。と言うか元がレゲエ、ダブっぽいのでビートをレゲエリズムに打ちかえただけですが、
無理のない良いアレンジだと思います。歌っているのもジャマイカンじゃなくイギリスのラバーズレゲエの
名手なのでその点も自然な流れが作れている要因でしょうか。
オリジナルは皆さん聴き飽きたでしょうし、タッチの差でこのレゲエ版にも軍配か、
というところで。



1年に2週間くらいしか役に立たない曲かもしれませんがだからこそ果敢ない…  

Posted by 友家ホテル at 09:22

2019年12月19日

雪はまだ無いです

が、お客様情報によると奥只見丸山スキー場は結構良い雪があるそうですので、
スキー、スノーボードに行かれる皆様には是非ご参考ください。

写真はイメージですが奥只見観光さんから頂いた画像だった気がします。

ココ大湯は全くと言って良いくらい無いですね。
冬と言うよりは晩秋めいた、と言う感じでしょうか。

そんな晩秋感を吹き飛ばす、一気に年末モードにいざなう曲の紹介を。
元曲は誰もが知るあの名曲。
ただし令和元年のこの今、この元曲を愛聴する人はいるのかどうかという
本気過ぎの血管ブチ切れスローバラード。
というかリスニング自体に向いていないようにも思います。
そこを一発で聴きやすく馴染みやすくするのもレゲエカバーの魅力。


絶対にコレの方が聴きやすいですよね。
このPAM HALLというおばちゃんもかなり他人の名曲カバーして食っている人です。
お聴きのとおり歌も上手いですけど本気出してない感じがまた更に良い。
暖房が効いた部屋が似合うレゲエです。  

Posted by 友家ホテル at 17:15

2019年12月01日

あと一ヶ月

今年ももう少しで終わり、って言いますがよく考えてみると
1月1日から12月31日までの1年間を1年として生きている人って
そんなに多くいるのかなと疑問に思えてきました。

まず私ですが当社の決算期が7月ですので7月31日はそれなりに
毎年感慨深く、いやほぼ反省の日として過ごしますが、12月31日は
子供のころから繁忙日の内の一つの日、という認識しかいまだに無いですね。
年度単位で過ごされる方も多いと思うんですけどその辺りどうなんでしょうね。

12月と言えば、冬。
1年ぶりに、、、


佐渡南蛮海老をキャンペーンにてお支度いたします。
もっとも新潟は県内全土でこの南蛮海老を年中普通にもてなしに用いる気がします。
南蛮海老とは県内の言い方で甘エビのことです。
中でもこの時期の佐渡のものは本当に甘くて美味しいです。
ご予約いただいた際には是非ご期待ください。

久々にレゲエカバー曲の紹介です。
オリジナルは90年代初頭のオルタナティヴバンド、《Blessid Union Of Souls》という
結構説教クサイ感じの名前のバンド名ですが問答無用で良い曲です。
おそらくバンドよりこの曲の方が相当有名。
それにしても自分で言っておいてアレですが、なんとも久々のオルタナティヴという響き。
良いですね。大して意味なんか無いと思うんですけど。

それをカバーしたのが21世紀に入って最初のジャマイカンスーパーグループ、TOK。
っていうかこちらの方が有名なんじゃないでしょうかね、そしてハンパなく売れました。
あの山本KIDさんが入場とか何かと愛用していた曲ですし。

年末に寒くなってきてしみじみ聴くのも良い感じの曲ですが、
歌詞の内容は、黒人のオレは白人のアイツと付き合えない、みたいなこれまた
90年代というか昔っぽい曲ですね。というか女々しい。
軽率なことは言えませんが、様々な時代背景が今と当時で違いすぎるので
歌詞の内容考えると、今後これ以上カバーされたり取り上げられたりされることは
ないかなぁ、とも思います。

ちなみに原曲は一切ドラム、ビートがないアコースティックソングなんですが
昔聴いたときはなんて展開の無い退屈な曲なんだろうと思いました。
でもおっさんになって聴いてみるとワリカシ良いんじゃないかと思います。
しかし現代とは残酷な世の中で、曲だけ聴けば良いものの動画も付けると、、、


目を閉じて聴いてみてください。。。
良い師走を!  

Posted by 友家ホテル at 16:11

2019年11月29日

この冬の注目企画!


なにやら相当ワケわかんない感じだと思いますが、
意外に地域の仕事、業界の仕事も少しはやっております。
っていうかコレもう出して良いのかな。。。解禁ということで。

そろそろ楽天トラベルでリリースされます。
そちらに私のインタビューみたいなのも出ておりますので、
是非ご確認ください。
結構放送禁止みたいなことばかり言っていたのでほぼ割愛、
修正されているとは思いますのでご安心ください。
詳細にて再度こちらでもお伝えいたします。

本日は大湯のくせに少し雪がチラついた程度で積雪なし。
ただ空気感は完全に冬ですね。
寒い部類には入っていると思います。
最近年くって開き直ってきたのか、どうせ寒いのであれば雪の
少しも無いと寒い損だなとつくづく思います。
ただの気温の変化だけで四季を感じるのではなく、目も耳も、
全身で季節を楽しみたいと。
雪降ってほしいと言っても毎日少しを、そして白さをキープする
程度で良いんですけどね。
とにかく良い冬になって欲しいと思います。  

Posted by 友家ホテル at 10:58

2019年11月10日

紅葉情報 フォーエバー


昨日のここでの話しでは今まさに最盛といったお伝えでしたが、今日見てみると
また一段ギアを上げた感が凄くてより濃くなった印象です。
これからどっしりと彩を深めていくと思われますが、なんとなくここまで濃くなったのも
大湯は久々のような気がします。キレイです。

あちらこちらでは温暖化の影響か台風の影響か、紅葉不作の声も多かったですので
大湯的にはきれいで、しかも11月の中旬という記録的に遅い時期まで山が彩っていて
良かったと思います。
次の週末くらいまではどうにか見栄えするんじゃないでしょうかね。
自分的にはもう冬だなぁ、という感じの雪景色直前の山の景色も好きです。

キャッシュレスネタも一つ。
たまにお客様に、クレジットとかアプリとかの決済ってお店側からするとどうなの?
とご心配頂くこともあるのですが、そこまで気にしないでください。
支払い方法はご自由になさって下さい。
しかし、ここに来てお客様、店側最強の決済が登場!



おなじみペイペイ!皆さん良くご覧ください。
お客様は10%還元される夢のようなアプリ!
しかし注意書きがあり、月とか回とかかなり曖昧ですが一番目立つところで
Yahoo!クレジットカード持っている人、だそうです。
もうこの際Yahoo!カード持っちゃいましょう!
これで皆さんおわかりかと思いますが系列からしても明白中の明白ですけど、この人たち
やっていることはYahoo!カードユーザー増員キャンペーンなんですね。
でもこんなのしっかり騙されて作った方が良いと思いますよ。
他のアプリ、クレジット決済や現金決済なんてお金捨てているようなものですからね。

そしてこのペイペイ、店側も決済手数料かからないんですよ!
なので現金と一緒、いや口座に入れてくれるので現金以上に楽。
お客様よし、店も良しとはペイペイのこと。
このところだいぶご利用者が増えて参りました。

当館はながい事オンラインクレジット決済特典、と言うキャンペーンをしておりますが、
もう時代はペイペイ特典かなと思いっきり軽く考えてます。
もしペイペイご利用でしたら是非とも私共にてもよろしくお願いいたします。
  

Posted by 友家ホテル at 16:47