2013年09月26日

味覚の話



突然ですがこちらは当館秋の定番、なめこ鍋で使うなめこです。
まだはじまったばかりですが出だしからこの大きさ。

味、歯ごたえ、大きさ、見た目とどれをとっても間違いないです。

普段あまり食べ物や料理の自慢とかあまりしたくないですし、してきませんでしたが
こちらは別格です。

うまいです。  

Posted by 友家ホテル at 14:38

2013年09月22日

塗装の秋


またもやゴミレベルの今度は小台とでも言うんでしょうか、仕上げました。
木と藤の蔓を編んだ的な昔よくあった感のある台。
お見せできないほど痛んで汚れておりましたが、先日の台風で洗浄して汚れ出し・
乾燥・塗装でこうなりました。

なにぶんよく言われるような木目最高、とか木のぬくもり至上主義的なものが
自分の中に全くありませんので、今回中途半端な色を選ぶより思いっきりメタル方向で銀に。
木嫌いとかではないですけどね、特別贔屓は致しません笑。

2台作成してたのですがうち1台は塗装乾燥時に眺められてたお客様がどうしても欲しいと
仰るのでお買い上げいただきました。

こちらはそもそも売店で売ろうと思ってたものでして、残り一つは別用途が無ければ商品化。

あまりに塗装狂いでペイント用のコンプレッサーはじめ工具が欲しいです。




  

Posted by 友家ホテル at 16:04

2013年09月20日

尾瀬・紅葉・四季折々の風情もいいですが


田舎の良さと聞かれ真っ先に思い浮かぶのはコンビニにトイレと大きな駐車場があることです。  

Posted by 友家ホテル at 07:59

2013年09月16日

小学生の時から台風の時って結構興奮します


以前こちらでジャケよし中身ダメのレコードをご紹介しつつ実際館内に飾りつつ、
と言ったお話をさせてもらいましたが、この度その同一アーティストの名ダメ盤を
当館の本館廊下にズラリと並べてみた次第です。

画像は3枚のみですが実際は横に7枚並んでおりまして、ご覧の通りよさ気というか
もう絶対にいい音楽なんじゃないか、と思うような秀逸なジャケなのですが、
何度もいいますが中身はその期待を完膚なきまでに、いやバレンティン選手の
ホームランのごとく打ち砕く出来と私は思います。

というかどんな音楽であったかすら記憶に無いのが事実でして、それでもこれ等を
聴くほどの暇って今後自分の人生にあるかな~、などと真剣に思ってみたりします。
最もこんな日当たり良好なとこ縦置きしてたら、追々聴けなくなるのも事実なんですけどね。

どんなジャンルにもこの手って結構あるものでして、今後レーベル単位やこのように
アーティスト単位などで、もちろんダメ縛りでこのように展開していけたらと思います。

  

Posted by 友家ホテル at 13:15

2013年09月12日

よくあるご質問に関する答え


日々アレコレやっておりますと、館内装飾に関して『一体どんなアイディアのもと実行してるのか?』
的なご質問を頂戴するのですが、アイディアって程のものは実はあるにはあるのですが、
自分の場合むしろ圧倒的に普段頭の中を支配しているのが、レコードのことでして、
例えばあのジャケットみたいな雰囲気、とか音の印象及び音数を配色及び色の数に、
といった具合に反映させてるような気がいたします。

少しスッキリしましたね、ともよく言われますがそれも物を減らしたと言うより、単純に色を減らしただけです。



コレ↑などはジャケ的にも音的にもよく私の頭の中に登場いたします。

  

Posted by 友家ホテル at 14:19

2013年09月08日

少し落ち着いてくると


夏の雑多な毎日も終わってきて、気候もかなり秋めいてきました。
夏よりは若干ゆったりした毎日の中で、また廃材などいじりたくもなります。

昭和じみたレコードラックに2色塗装し、マガジンラック風に。。。
糸巻きをスタンドに。。。

秋的な配色をと。

話変わりますが秋になると毎年思うのですが、レコードの音が他のシーズンより
明らかにいい音に感じるんですよね。
湿度というか空気の質感か、もしくは秋の夜長のせいでしょうか。
  

Posted by 友家ホテル at 12:29