2019年01月06日

いのしし

明日から仕事はじめの方も多いのではないでしょうか?
当館は特にそういったことが無い商売を好きで営んでおりますので、
新年最初!とか新年度!とかましてや週明け月曜!といった
気持ちになることは一切ありません。
仕事終わりも無いです。

で、この時期というか毎年今日になると憂鬱なのが、
明日の新年のご挨拶電話&メール&訪問、、、
すべて業者さんか行政さんなのですけど、如何せん
年末年始という一仕事終えたコチラと、のんびりされたアチラ、
ここ数週間の人生が全く持って異なるので、微妙です。
と言っても親しい業者さんなどは皆さん私のそういうところを
熟知して下さっておりますので、連絡は大体ご新規さんか地味に
お取引の方々なんですけどね。

今年もたくさんの年賀状をいただきまして中には素敵な
年賀状もたくさんありました。
ただ、自分思うんですけど市販されていたであろう
猪が描かれてお決まりの挨拶が書道体等で印刷された、
ようは既製品のもので、その上ちょっとしたコメントや
挨拶などなんのカスタマイズ、リメイクも全く無いノーマルのもの、
アレもう要らなくないですか?第一読まないですよね?
そのうえ表面宛名がプリンターで印刷されていたりすると
そっちじゃねーだろとツッコミたくもなります。
(そうでなくとも私は公私に渡って年賀状いらないから、と
送るとも言われていないのによく言ってます)

昔の人は一枚一枚、一人ひとりを想い浮かべ12月上旬ごろから
表も裏も書いておりました。
もちろん今でもされている方もいらっしゃるでしょう。
こんなにも異常気象とか温暖化とかエネルギーや資源の議論や
意識が高まっている世の中の流れからすると、そういった一部の
年賀状だけは結構違うって思ったりします。

私は宿仲間と呼べる人もそんなに多くはないのですが、
親しい同世代の仲間ともよく話すのが、我々は毎日プラスチックを使い燃料を燃やし
タオルを使い、移送に頼って多くのエネルギーと資源を消費して商売をしている、、、
おそらくこのままだと、次世代の人たちには淘汰されて消え行く業界とも認識しております。
この魚沼大湯の地で、これからも永く皆さまをおもてなし出来るよう環境対策にも様々に
努めて参ります。


あと、自分ももっと想いが伝わる商売、そして年賀状が作れるようがんばります!


友家ホテルは環境省が推奨するエコツーリズム推進法における基本理念
「自然環境の保全」に賛同のもと営業しております。

引き続き↓
https://uonuma-shokutabi.jp/
お待ちしております!
  

Posted by 友家ホテル at 15:58