2019年12月31日

今年もありがとうございました

大晦日となりましたのでご挨拶させて頂きました。
今年も多くの皆様にお越しご宿泊いただきまして、もしかしたらご満足頂きましたリ
それなりに多くのご迷惑もおかけしたかと思います。
また来年もよりディープにリアルに進化できるよう精進させていただきますので
よろしくお願いいたします。

お客様皆様あっての当館でありますし客商売でありますが、こうして年末と言うか
冬の季節になるとそれ自体色々考えたりします。
勝手な考えで大変恐れ入りますがこんなブログ読んでくださっている友家ホテルを
ちょっと気に入ってくれている皆さん、いや貴方にフィットした宿でありたいと、それく
らいは大前提に考えております。
しかしそれなりに多くのご迷惑もおかけするかもしれませんので、ご容赦ください。

今日も年末クラスの大ネタを、と仕込んだ今年最後のカバー曲は、久々にカバーで
はなくレゲエリミックスとなります。
自分にとって、イギリスの皆さんにとって、世界の人々にとって21世紀の音楽シーン
でもトップクラスに偉大なシンガー、エイミー・ワインハウスの初期のこの曲のレゲエ
ヴァージョンで今年とお別れしましょう。
いわゆる編集モノだと思いますがアレンジもネタ選びも非常に秀逸だと思います。
ジャジーレゲエ、そんな表現では収まりませんが良いですね。
今ややショボめに降っている雪と合います。



良いお年を!  

Posted by 友家ホテル at 22:15

2019年12月30日

気が早いですが1月のお知らせ


1月、いや冬と言えば鮭ですよね。
そして新潟的にも鮭は有名です。
加えて当館の朝食の鮭、結構人気です。
と言うことで1月は鮭。
それにしても雑味が多い謎の画像ですがご容赦ください。

今日明日で年末と言う季節も終わるので、年末感満載の大ネタで。
オリジナルはスティング!
ちょっと前まで神ってましたけどあまり聞きませんね。
U2のボノとかの方が圧倒的に露出が少ないのに永久神みたくなってるじゃないですか。
スティングとボノ比べることもないと思いますけど、最近陰りが見られるのではないでしょうか。
もっともお前にそんなこと言われる筋合い無い、と言うご意見ごもっともでございます。

元ネタはそこそこシリアスだと思うんですが、レゲエの手にかかれば途端にホットに。
歌うのはシャインヘッドという、レゲエのみならずヒップホップファンにも絶大な人気を誇る
ベテランと言っても当時は怖いものナシのちょっとしたスター。
カバーのみならず替え歌にしてしまっているところも◎。
もうメチャクチャって感じ、素晴らしい。

何故かわからないですがこの曲、演歌っぽさを感じるんですよね。
元ネタもこちらも是非今日聴いてほしいビッグチューンであります。
明日も大きいの行きます。  

Posted by 友家ホテル at 17:23

2019年12月29日

気持ち雪降りました


そこまで降っていないので結構とけました。
雪が無いのも楽ですが、ちょっと無いと恥ずかしいんですよね。
情緒も追いつきませんし。

その分歌で盛り上げようと年末そろそろ大ネタ連打。
オリジナルは80年代売れに売れたであろうエアサプライ!
因みに80年代ブームやAOR人気でただ今エアサプなんとセカンドブレイク中!
LPとかも常にレコ屋でもサイトでもゴミのような扱いでありましたが、このところ
ゆるやかに値上がりしているように思います。

そして恒例のごとくジャマイカ人がカバーした曲の紹介なんですが
レゲエの人達は昔からエアサプをカバーするのが好きですね。
without youとか何人もカバーしていると思います。
今回は良いとこついてくるなぁといういずれにせよ名曲。
歌うのは世界でも屈指の歌唱力の4人ではなかろうかと言う男s。

っていうかオリジナル映像無いですね、すみませんこのブログの様式に
はまらないみたいでこれで勘弁してください。
最も歌っている人達、見た目で全く勝負していないので
この方が良いかもしれません。

いや、昔あったなぁこの曲、とか世代の方には懐かしんでいただければ。
年末年始、テレビ局も変な志向の企画スペシャルなんかよりも、なつかしの名曲
レゲエカバースペシャル!とかあったら、、、誰も見ないですよね。  

Posted by 友家ホテル at 14:28

2019年12月25日

メリークリスマス!

メリークリスマス、声に出していないものの文字におこしたのもいつぶりでしょうか、
って感じで関係ないのですが、昨日も今日もカーナビに言われたこと思い出しました。
この、メリー、ってあたりが妙に日本人にフィットしない感じですよね。

今年は雪が(ほとんど)無いクリスマス、我々には久しぶりかもしれないです。
まだ結構暖かいですね。お正月くらいから冬景色の予報なので、年内年末にお越しの
皆様には極端な雪道の心配は無さそうです。
年明け以降も量的には少ない予報ですが、さすがに1月にもなると今みたいに、ナシ、ってことは
ありえませんのでお正月以降はお気をつけてお越しください。


今日の曲はとっておきのクリスマスアンセム。誰もが知るあの曲。レゲエカバーと言いつつ
ほぼまんま使い。と言うか元がレゲエ、ダブっぽいのでビートをレゲエリズムに打ちかえただけですが、
無理のない良いアレンジだと思います。歌っているのもジャマイカンじゃなくイギリスのラバーズレゲエの
名手なのでその点も自然な流れが作れている要因でしょうか。
オリジナルは皆さん聴き飽きたでしょうし、タッチの差でこのレゲエ版にも軍配か、
というところで。



1年に2週間くらいしか役に立たない曲かもしれませんがだからこそ果敢ない…  

Posted by 友家ホテル at 09:22

2019年12月19日

雪はまだ無いです

が、お客様情報によると奥只見丸山スキー場は結構良い雪があるそうですので、
スキー、スノーボードに行かれる皆様には是非ご参考ください。

写真はイメージですが奥只見観光さんから頂いた画像だった気がします。

ココ大湯は全くと言って良いくらい無いですね。
冬と言うよりは晩秋めいた、と言う感じでしょうか。

そんな晩秋感を吹き飛ばす、一気に年末モードにいざなう曲の紹介を。
元曲は誰もが知るあの名曲。
ただし令和元年のこの今、この元曲を愛聴する人はいるのかどうかという
本気過ぎの血管ブチ切れスローバラード。
というかリスニング自体に向いていないようにも思います。
そこを一発で聴きやすく馴染みやすくするのもレゲエカバーの魅力。


絶対にコレの方が聴きやすいですよね。
このPAM HALLというおばちゃんもかなり他人の名曲カバーして食っている人です。
お聴きのとおり歌も上手いですけど本気出してない感じがまた更に良い。
暖房が効いた部屋が似合うレゲエです。  

Posted by 友家ホテル at 17:15

2019年12月01日

あと一ヶ月

今年ももう少しで終わり、って言いますがよく考えてみると
1月1日から12月31日までの1年間を1年として生きている人って
そんなに多くいるのかなと疑問に思えてきました。

まず私ですが当社の決算期が7月ですので7月31日はそれなりに
毎年感慨深く、いやほぼ反省の日として過ごしますが、12月31日は
子供のころから繁忙日の内の一つの日、という認識しかいまだに無いですね。
年度単位で過ごされる方も多いと思うんですけどその辺りどうなんでしょうね。

12月と言えば、冬。
1年ぶりに、、、


佐渡南蛮海老をキャンペーンにてお支度いたします。
もっとも新潟は県内全土でこの南蛮海老を年中普通にもてなしに用いる気がします。
南蛮海老とは県内の言い方で甘エビのことです。
中でもこの時期の佐渡のものは本当に甘くて美味しいです。
ご予約いただいた際には是非ご期待ください。

久々にレゲエカバー曲の紹介です。
オリジナルは90年代初頭のオルタナティヴバンド、《Blessid Union Of Souls》という
結構説教クサイ感じの名前のバンド名ですが問答無用で良い曲です。
おそらくバンドよりこの曲の方が相当有名。
それにしても自分で言っておいてアレですが、なんとも久々のオルタナティヴという響き。
良いですね。大して意味なんか無いと思うんですけど。

それをカバーしたのが21世紀に入って最初のジャマイカンスーパーグループ、TOK。
っていうかこちらの方が有名なんじゃないでしょうかね、そしてハンパなく売れました。
あの山本KIDさんが入場とか何かと愛用していた曲ですし。

年末に寒くなってきてしみじみ聴くのも良い感じの曲ですが、
歌詞の内容は、黒人のオレは白人のアイツと付き合えない、みたいなこれまた
90年代というか昔っぽい曲ですね。というか女々しい。
軽率なことは言えませんが、様々な時代背景が今と当時で違いすぎるので
歌詞の内容考えると、今後これ以上カバーされたり取り上げられたりされることは
ないかなぁ、とも思います。

ちなみに原曲は一切ドラム、ビートがないアコースティックソングなんですが
昔聴いたときはなんて展開の無い退屈な曲なんだろうと思いました。
でもおっさんになって聴いてみるとワリカシ良いんじゃないかと思います。
しかし現代とは残酷な世の中で、曲だけ聴けば良いものの動画も付けると、、、


目を閉じて聴いてみてください。。。
良い師走を!  

Posted by 友家ホテル at 16:11