2018年12月01日

冬はやっぱり、nyu yoku

考えてみると宿で過ごす内容と言うのは寛ぐ→食べる→風呂はいる→寝る、、、
などの流れであって、それらはどなたでも日常の中で嗜むとはいかないまでも、
普通にやる、ことは可能で、というか毎日の行動であると思います。

至らぬ宿でありますが、どの分野もなるべく皆さまの休日のお役に立ちたいと
考えて日々営んでおります。
お部屋、お料理、アメニティ、内観、、、
といった中でも入浴と言うことに関して言えば温泉での一番の醍醐味で、日常の入浴とは
一味も二味、いや十味くらい違った特別なものであると思うんですね。
それが冬ともなると更に更に格別過ぎるような時間となると思います。
是非この冬も、温泉につかってのんびりとレイドバックした時間をお求めにお越しください。


来年あたりは nyu yoku という(かなり自己満足的なネーミングですが)スタイルを
打ち出して色んなご提案をしていけたらな、と思います。
しかし毎年毎年、この時期になると「来年打ち出したいこと」が増え続けて困ります。

Posted by 友家ホテル at 09:03