2019年12月01日

あと一ヶ月

今年ももう少しで終わり、って言いますがよく考えてみると
1月1日から12月31日までの1年間を1年として生きている人って
そんなに多くいるのかなと疑問に思えてきました。

まず私ですが当社の決算期が7月ですので7月31日はそれなりに
毎年感慨深く、いやほぼ反省の日として過ごしますが、12月31日は
子供のころから繁忙日の内の一つの日、という認識しかいまだに無いですね。
年度単位で過ごされる方も多いと思うんですけどその辺りどうなんでしょうね。

12月と言えば、冬。
1年ぶりに、、、
あと一ヶ月

佐渡南蛮海老をキャンペーンにてお支度いたします。
もっとも新潟は県内全土でこの南蛮海老を年中普通にもてなしに用いる気がします。
南蛮海老とは県内の言い方で甘エビのことです。
中でもこの時期の佐渡のものは本当に甘くて美味しいです。
ご予約いただいた際には是非ご期待ください。

久々にレゲエカバー曲の紹介です。
オリジナルは90年代初頭のオルタナティヴバンド、《Blessid Union Of Souls》という
結構説教クサイ感じの名前のバンド名ですが問答無用で良い曲です。
おそらくバンドよりこの曲の方が相当有名。
それにしても自分で言っておいてアレですが、なんとも久々のオルタナティヴという響き。
良いですね。大して意味なんか無いと思うんですけど。

それをカバーしたのが21世紀に入って最初のジャマイカンスーパーグループ、TOK。
っていうかこちらの方が有名なんじゃないでしょうかね、そしてハンパなく売れました。
あの山本KIDさんが入場とか何かと愛用していた曲ですし。

年末に寒くなってきてしみじみ聴くのも良い感じの曲ですが、
歌詞の内容は、黒人のオレは白人のアイツと付き合えない、みたいなこれまた
90年代というか昔っぽい曲ですね。というか女々しい。
軽率なことは言えませんが、様々な時代背景が今と当時で違いすぎるので
歌詞の内容考えると、今後これ以上カバーされたり取り上げられたりされることは
ないかなぁ、とも思います。

ちなみに原曲は一切ドラム、ビートがないアコースティックソングなんですが
昔聴いたときはなんて展開の無い退屈な曲なんだろうと思いました。
でもおっさんになって聴いてみるとワリカシ良いんじゃないかと思います。
しかし現代とは残酷な世の中で、曲だけ聴けば良いものの動画も付けると、、、


目を閉じて聴いてみてください。。。
良い師走を!

Posted by 友家ホテル at 16:11