2020年03月01日

不要不急の外出はお控えください

ただし、友家ホテルは貴方にとって不要不急でもなんでもありません。
他のお宿さんもそうですし、他のご商売もみなそうだと思います。

アノ、不要不急とは一体何をさすのか。
当館はどうでもいいですが、他の全てのご商売されている方々ってのは常に
誰かに必要とされ愛される為、一生懸命、最初から命削ってやられているんじゃないかと思います。
こうした騒動があってもその思いは変わらないと思います。
ですのであまり安易にそんな言葉、使わないで欲しいかなと思います。

話逸れましたが、不要不急とは、大事でもないし急ぎでもない、と言うことかと思います。
不要不急の外出。
例えるなら、中学の時に1回しか話したことがなかった同級生に修学旅行の晩飯が
なんだったか聞きに行くとか、
今日のガソリンいくらかな~と言って給油もしないのにガソリンスタンドの価格表示見に行くとか、
すなわちどうでもいい事言うんでしょうね。
目的や得るものがわからないような事なんでしょう。
そんな事って普通の出先にはまず無いですよ。

しかしご心配をよそに無理する必要は無いですよね。
無理されてもそこから喜びや豊かさに変わることはなかなか難しいと思います。
ただ、当館のような宿でも少しはご心配が低減するような仕組みもございます。

まず、宿の程度と申しますか客室数の割りにパブリックスペースが大きいです。
やたらとゆったりしております(その分段差も生じます。有名ですが)。
そして全て客室部屋食またはグループ個室でのお食事となります。
不特定多数と飲食を共にするということが一切ありません。
また、お風呂は4箇所ございますのでこれも程度の割には数と面積はそこそこ有ります。
満室でも誰にも会わなかった、と仰る方がいることもしばし、な宿です。
ということでどのタイミングにても集団にはなりにくい環境で、団体やツアーもそもそも
受けておりませんが、私自身もそうですが当館のお客様も群れることが結構嫌い、
みたいな人が多いですね(すみません、勝手に言ってますが)
それと関係ないかもしれませんが、雪国の冬は気温が低いのでわかりにくいのですが
湿度が梅雨よりも高いんです。
何かの役にはたってくれているかも知れません。

加えてしばらくの間の試みでありますが、ご予約制限を設けて部屋を順に休ませて
普段よりしっかり除菌を施す取組を開始致します。
ですので、空室があっても早めの受付終了日が出てくること、またはご希望のお部屋が
お取り出来ない場合があることをご了承くださいませ。
何ら一切の完璧やご安心を確約することではございませんが、皆様に必要とされ愛される為、
可能な限り尽力させていただきます。

今回の感染で亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。
ただここまで言ってアレですけど、感染したらどうなる、ってところがはっきりと見えてこないんですよね。
言い方悪いですけど、体は元気だけど営業がメチャクチャになっている同じ組織の同僚の宿もあって、
比べることでは決してありませんが、既に間違いなく相当不幸な者が同業内におります。
どうか温かい目でご対応いただきたいと思います。
重くなるが一番よくありませんので、この件の投稿は今回限りとさせていただきます。
(と言って何度かリピートするのが私の良くあるパターンですけどね)

時節柄、ご自身さえもご心配が多い最中、ご声援のお声やご予約を賜りましたお客様、常連の皆様には
心より御礼申し上げます。
しかしご心配がご期待に勝った場合、キャンセルもご遠慮なくお申し付けください。
加えて高熱が平熱に勝った場合も、全く遠慮なくキャンセルお願い申し上げます。

今日はコレで!


Posted by 友家ホテル at 18:04