2019年02月01日

ついにウチもここまで来たか、と思った瞬間

1月も終わり、冬も半分以上過ぎました。
自分だけかもしれませんが、この辺から毎年、冬の暮れと言うか黄昏を
感じ始めてきて、周りが「早く冬終わらないかなぁ」とか言ってきても内心、
もうほぼ終わってるじゃん、などと心でつぶやいたりしております。

そんな冬終盤のなか、また当館にニューアイテムいや食べ物。


自分が子どもの頃、親に何故ウチはクッキーが無いのか、と
聞いていた記憶がしっかりございます。
ホテルと言えばクッキー。
ホテルO(アルファベットのオーです)クラさんですとか
ニューO(アルファベットのオーです)タニさんの缶箱に入った
クッキー土産。なぜか家にあるが誰も不審に思わないどころか
景観に軽く馴染むあの安定感。
そして美味しく、なんだかとっても豊かな気分になるクッキー。
ウチもホテルなのになぜそのクッキーがないのか。
何と言われたかは忘れてしまいましたが。

時を経て自分が宿切り盛りする番になり、ようやく出来ました!

もっとも幼少期の思い出もさることながら、このまま量販菓子仕入れて
お部屋にセットするという、よくお宿さんにある干乾びた梅干と全く同じ
技法のサービスはどこかで限界だろうなというか、もしかしたらとっくに
限界を振り切っていると、お客様には申し訳ありませんがそう考えておりました。

当館ならではをお召しいただきたいというかサービスさせていただきたいと
考えまして地元の菓子屋の後輩に、突然お前ウチのクッキー作れ、と
無茶振りしましたのが約1年前。そこから後輩もノリノリで作ってくれました。
その間、厚すぎだとか薄すぎる、甘すぎる、もう今日これ以上クッキー食えない、
など様々わがままに対応いただきつつ、正直包装資材の打合せが一番
長かったのも事実。
(ちなみに性懲りもせず今、別の後輩と販売用の缶ケースを作っております)

ついに出来た当館のクッキー。
特別なことは無いかもしれませんが一応、無駄な時間も含めて様々な
時間やドラマが乗っかっておりますので是非ご来館の際はご賞味ください。
そして開始記念と致しまして↓

これも前からやろうと思ってました。
発酵菌と乳酸菌のコラボ、甘酒ニュースタイル。
2月限定でこちらはお支度いたします。

Posted by 友家ホテル at 17:45